ヨキにはからえ。
内容は以下の通り ・仕事の愚痴 ・Java-DBの技術的な話 ・自転車(ロードバイク初心者) ・株(初心者)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 11.04 RAID1 LVMのドライブからの起動 その2
とりあえず、成功例を。失敗例は時間があったら。
[概要]
■準備
 ・UbuntusのisoイメージをDLする(Desktop,Alternativeの2つ)
 ・USBメモリにDesktop版とAlternative版のLiveCDのUSB版を作る
 (順番作れば1つでもOK)

■インストール
 ・Desktop版で起動し、gpartedでGPTとパーティション分割をする。
 ・Alternaive版で起動し、RAID1とLVMを組んでインストールする。
  →私は必ずエラーとなった。エラー後、grubのインストールをする
   →grub2のインストールがコマンドでうまくできなかったのでこれに頼る!
 ・Desktop版で起動し、その環境にmdadmとlvm2とdebootstrapを導入する
 ・RAIDとLVMを認識させ、/mntの配下にマウントする。(/mnt/bootもお忘れなく)
 ・debootstrap natty /mnt
 ・/mnt/etc/apt/sources.listの変更
 ・よくやるレスキュー方法で環境を変更する。
mount --bind /dev /mnt/dev
mount --bind /proc /mnt/proc
mount --bind /sys /mnt/sys
chroot /mnt
 ・apt-get ubuntu-desktopでWLANを使える環境を入手!
 ・再起動で完成

■言い訳
 ・LANが使えず、WLANに頼るしかなかったため、Desktop版のUBSブートが必要だった
 ・Desktop版だけでは、grub2のインストールがうまくいかなかったため、Alternative版で
 grub2の設定を自動でやってもらった

■課題
 ・grub2を自在に使えるように理解しましょー
スポンサーサイト

テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヨキにはからえ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。